MENU
トレンド

小室圭の優勝したNY州弁護士会のコンペってどんなもの?表彰日は結婚予定日

小室圭さんがNY州弁護士会でのコンペに優勝したと大手新聞社が報じました。

昨年は同じコンペで準優勝を得ています。

このコンペというものは一体どういうものなのでしょうか?

調べてみました。

小室圭の優勝したNY州弁護士会のコンペってどんなもの?

小室圭さんの優勝したNY州弁護士会のコンペは以下のように規定されています。

HPはこちら

  • 賞  :「Student Writing Competiton」(NY州弁護士主催の年一回の賞)
  • 対象者:ロースクールにおいてJDまたはLLMの学位を取得しようとしている全ての学生
  • 条件 :出版可能な品質であること、その他の応募の条件を満たしていること

また審査基準は以下のようです。

  • Journalの読者(ニューヨークの弁護士)との関連性
  • トピックの適時性
  • オリジナリティ
  • リサーチとライティングの質
  • 明瞭さと簡潔さ

コンテスト詳細(原文まま)

本文については、英字ですが記載します。

The Business Law Section sponsors an annual Student Writing Competition, open to all students who are candidates for the JD or LLM degree at an accredited law school during the year in which the article is submitted. The student articles submitted in a given year that are judged first, second, and third best, provided they are of publishable quality and otherwise meet the criteria of the Competition, will receive cash prizes of $2,000, $1,500, and $1,000, respectively. At the discretion of the editors, they also will be published in the NYSBA NY Business Law Journal, which is sponsored by the Section in cooperation with Albany Law School and is published in the Spring and Fall. Additional cash prizes may be awarded in the discretion of the Section, and the Section reserves the right to award some, all, or none of the prizes, depending on its determination of quality of submissions. Entries that do not qualify for cash prizes may also be considered for publication in the Journal.

Articles submitted will be judged on the following criteria:

  • Relevance to the Journal’s audience (New York business lawyers)
  • Timeliness of the topic
  • Originality
  • Quality of research and writing
  • Clarity and conciseness

The manuscript should follow blue book cite format (using endnotes rather than footnotes) and be a minimum of 3,000 words (there is no maximum). Submissions should be made by February 15 for the Spring issue and August 15 for the Fall issue of the Journal. All submissions become the property of the NYSBA and the Business Law Journal. By submitting an article, the student is deemed to consent to its publication, whether or not a cash prize is awarded.

To enter, the student should submit an original, unpublished manuscript in Word format to David L. Glass, editor in chief, NYSBA New York Business Law Journal (david.glass@macquarie.com). The student should include a brief biography, including law school attended, degree for which the student is a candidate, and expected year of graduation.

引用元:NY州弁護士会HP

※引用先のNY州弁護士会ですが、10月23日午前0時くらいにリンクが切れました。どういう事情があるかはわかりませんが、一旦、引用先のリンク先を削除します。新たに更新され賞に関する内容が見れるようになった際にはリンク先を設定させていただきます。

このコンペの競争率って?

弁護士会のホームページに何編の応募があったかの記載はありませんでした。

アメリカ全土では約34,420人がロースクールを卒業されています。(引用元:statista

以下は憶測になります。

ニューヨーク州のロースクールの卒業生が何人いるかは明らかにされているものが見つけられていませんが、単純に50州で割ると700人前後です。

ニューヨークは人数が多いでしょうから、それでも1000人とか1500人程度なのでしょうか。

仮に1500人いたとして、初年度から応募できるとなると3学年で4500人?くらいでしょうか?

その中から応募する人が何割かいるのでしょうから、その中での競争になるかと思います。

優勝者に小室圭さんの名前が

優勝者の名前には小室圭さんの名前があります。

1st Prize: Kei Komuro, Fordham University School of Law

“Compliance Problems in Website Accessibility and Implications for Entrepreneurs” (published Spring 2021 Journal)

About Kei

Kei Komuro is a recent graduate of Fordham University School of Law, who counsels entrepreneurs, emerging companies, and investors on venture capital financings, mergers and acquisitions, entity formation, and general corporate matters in the Corporate and the Tech Group at Lowenstein Sandler LLP. He has experience working in Tokyo at both a law firm and a foreign exchange bank where, as a certified securities broker representative, he provided loan and foreign exchange services and prepared financial analyses for non-Japanese corporate clients.”

引用元:NY州弁護士会HP

表彰日は結婚予定日

表彰日は結婚予定日である10月26日にオンラインで行われる予定ですが、時差がありますので結婚会見後に出席されるのでしょうか?

詳しいことがわかり次第、また追記します。