トレンド

【まとめ】小室圭の経歴詐称などの数々の疑惑6つ。

秋篠宮家眞子様の婚約者である小室圭さん。

数々の経歴を詐称していると疑惑がありますが、その疑惑についてまとめました。

小室圭の経歴

まずは小室圭さんの経歴についておさらいしたいと思います。

<学歴>

  • 東京都国立音楽大学附属小学校
  • カナディアンインターナショナルスクール(中高一貫校)
  • 国際基督教大学教養学部卒業
  • 一橋大学大学院卒業
  • フォーダム大学ロースクール

<職歴>

  • 三菱UFJ銀行丸の内支店法人営業部(2年弱で退職)
  • 奥野総合法律事務所(パラリーガルとして勤務)
  • Lowstein Sandler LLP(渡米後勤務予定)

小室圭の経歴詐称の数々の疑惑

  1. 電通アメリカでのインターン経験
  2. メガバンク時代にもらった2年連続の表彰
  3. 「JFK Profile in Courage Award」の受賞
  4. 大手事務所でのインターンがキャンセル

次に順序よく見ていきましょう。

1:電通アメリカでのインターン経験

週刊文春の報道によると、電通アメリカでのインターンは勤務地がカルフォルニアだったとのこと。

しかし、その当時電通アメリカにはカルフォルニア事務所はなかったとのことです。

「小室さんの経歴は、国際基督教大学(ICU)に在学中の2012年9月から2013年6月まで、交換留学でUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に通ったとなっています。経歴書には、同じころに電通アメリカでインターンをしていた、とも記されていました。勤務地はカリフォルニアで、マーケティング業務をしたとのことでした」

電通アメリカは、NYに拠点を構える電通のグループ会社だ。だが、電通グループに小室さんのインターン歴について聞くと、こう回答があった。

「そのような事実は確認できませんでした。また、当時の電通アメリカには、カリフォルニアに事務所は存在しておりません」

引用元:週刊文春

週刊文春によると、ある大手事務所に届いた小室圭さんの同じ書類が届いた人物による証言ですが、アメリカではインターンの職歴が非常に重要で、電通の子会社を盛って書いたのでは?と言われています。

2:メガバンク時代の表彰歴

国際基督教大学(ICU)を卒業後、小室圭さんは三菱UFJ銀行に就職し、丸の内支店に配属されます。

在職中に2年連続で表彰を受けたそうです。

どんな表彰かは明らかになっていません。

しかし、関係者によると「小室圭さんが在職中に表彰を受けたことがない」ことのようです。

3:「JFK profile in Courage Award」の受賞

就職先の小室圭さんのプロフィール画像に「JFK Profile in Courage Award」の受賞したと書いてあります。

この賞については、受賞者歴に名前がないことから虚偽の疑いがあります。

詳しい内容は下の記事に記載してあります。

4:大手事務所のインターンがキャンセル

アメリカで就職するには「インターン」の経験が必須とされています。

小室圭さんもアメリカでの就職を目指していたことから、フォーダム大学在学中に大手事務所でのインターンが必須になっていたそうです。

しかし、その信憑性が非常に怪しいとの噂が…

米国の法律事務所への新卒での就職では必須となるインターンをめぐって、小室さんが大手事務所のインターンが決まっていたがコロナ禍でキャンセルになったと説明していたが、その信憑性が疑わしいという証言も掲載されている。

引用:Business Journal

コロナ禍で決まっていたはずの「大手事務所のインターン」はなくなったと説明しているそうです。

5:一橋大学院への不正入学疑惑

小室圭さんが入学した一橋大学院国際企業戦略研究科。

社会人向けの夜間コースとなっていますが、こちらも入学の際に不正があったのでは?と言われています。

それは、出願資格です。

そもそも当時の出願資格が、「企業・官公庁等における原則3年以上の実務経験を有する者」と書いてあったからです。

小室圭さんはメガバンクを2年弱で退職。

この資格に当てはまらないため、「裏口入学したのではないか?」と疑われています。

ただしこの出願資格が「原則」であることから、もしかしたらメガバンク時代の表彰を評価されて特例が認められたのかもしれません。

6:フォーダム大学への入学

小室圭さんは、フォーダム大学ロースクールに入学した当時「LLM(法学修士)」のコースに入学されています。

このコースで1年真流れた後、「JD(法務博士)コース」に編入しました。

アメリカには法学部というのがなく、弁護士を目指す人は大学卒業後にJDコースへ入学というのが一般的で、そこで3年間学んだ後に事務所に入るそうです。

途中編入というのは、通常考えられないそうなので編入が認められる強い圧力があったのでは?という憶測があります。