タレント

マツコデラックスの「落花生柄」衣装が話題に。月曜から夜ふかしで着用。衣装は手作り?

マツコデラックスさんが自身の番組「月曜から夜ふかし」に出演されました。

今回、着用されていた衣装が「落花生柄」だと話題になっています。

一体どんな衣装なのでしょうか。

月曜から夜ふかしで着用したマツコデラックスの「落花生柄」衣装が話題に。

こちらがマツコデラックスさんが着られていた落花生柄の衣装になります。

マツコデラックスさんの出身は千葉県千葉市稲毛区。

千葉県の名産が落花生ですが、マツコデラックスさんは

郷土愛で落花生をバカにしている

とおっしゃっています。

マツコデラックスといえば米?

マツコデラックスさんといえば、米のCMが有名ですね。

上記の「ゆめぴりか」のCMの他、「ななつぼし」や「ごうぐみ」など主に北海道米のイメージキャラクターを務めていました。

なんとなくマツコデラックスさん=北海道みたいなイメージもあるような気もします。

マツコデラックスの衣装は手作り?

マツコデラックスさんは身長が178cmとのことですが、

体型がスリーサイズ全て140cmを超えているとも言われており、

衣装を揃えるのが大変だろうなと思います。

調べてみると、2015年5月5日に子どもの日に合わせて子供からの質問に答えています。

「何でいつも同じ服を着ているんですか?」には、「良い質問ね」とマツコ。

確かに柔らかい布地のゆったりとしたロングドレスで、襟の開き具合や、手首に向かって広がっているデザインが毎回ほぼ同じである。

マツコの体格は規格外なので衣装は特注となるのだが、同じデザインで作った方がパターンを新たに引く必要が無く、安上がりなのだと話す。

テレビ局からはバブル期のようにふんだんに衣装代が出ないため、既製品が着られないマツコは「大変なのよ~」と嘆く。

引用元:エキサイトニュース

確かにいつも同じようなシルエットですが、それには理由があったのですね。