トレンド

きたがわ翔のトレパク画像のまとめ。鬼滅の刃を批評をする資格なしの声

2021年12月9日に大ヒット漫画「鬼滅の刃」の作品について、同業漫画家であるきたがわ翔氏が「努力の過程をあまり描かない」という主旨の発言をしたことが炎上しています。

それに加えて、きたがわ翔氏は最近トレパク疑惑で謝罪したばかりだったからです。

その内容についてまとめました。

きたがわ翔のトレパク事件とは?

2021年11月3日にTwitter上できたがわ翔氏は自身のトレパクを認め、Twitter上で謝罪しました。

残念がら本人のツイートはすでに削除されていますが、ファンの書き起こしがあったので引用として残します。

謝罪いたします。 pic.twitter.com/zQrWQQ18jZ

— きたがわ翔 (@kitagawa_sho) November 3, 2021

画像のトレース問題についての謝罪。

この度ツイッターにて私の絵についてネット画像のトレースではないか、との指摘がありました。
リアルな絵を描くのには参考となる資料がどうしても必要なため、全てではありませんが忙しい中ネットの画像を参考に絵を描いてしまったことは事実です。
私自身、雑誌に掲載されるものでなければ多少は大丈夫だろう、という甘い考えがあったのも事実です。

今回のことを深く反省し、今後はリアルな絵を描く際は自分で写真を撮ったもののみ参考にして描くことをここに誓わせていただきます。

この度はご迷惑、不快な思いをされた方々、大変申し訳ありませんでした。

きたがわ翔

トレパクとは

トレスは元の図案をそのまま写しとる技術なので、しばしばトレパク、つまりトレスによる盗作問題が起きることがある。(引用元:ニコニコ大百科

きたがわ翔のトレパク問題の画像まとめ

ここからはきたがわ翔氏のトレパク問題の画像をまとめたものです。

フリー画像と左下の写真が一緒ですね。

きたがわ翔は鬼滅の刃を批評する資格なしの声

https://twitter.com/ManShimada/status/1468794885826224133

トレパクってほとんど同じ手口なんですよね。