女優・俳優

【理由】嵐莉菜の国籍はドイツ!父親は帰化して日本国籍なのになぜか調査

モデルで女優をされているマルチルーツを持つ嵐莉菜さんですが、なんと国籍はドイツだそうです。

流暢に日本語をお話しされているので、日本国籍かと思っていましたが違うようです。

嵐さんの国籍についてまとめてみました。

嵐莉菜の国籍はドイツ!

モデルと女優と最近、幅広く活躍されている嵐莉奈さんですが、国籍はドイツだそう。

その理由を探ってみました。

まずは嵐さんがドイツ国籍であることをご説明します。

嵐莉菜はドイツ国籍

嵐莉菜さんは日本生まれの日本育てですが、ドイツ国籍です。

インタビューなどで自身の国籍には言及していませんが、2016年に「メイドインジャパン」に出演した際に、ドイツのマークの書かれた名札をしていたことから嵐さんはドイツ国籍だと思われます。

嵐莉菜は5カ国の血が混ざっている

嵐莉菜さんは5カ国の血が混ざっています。

お母さんはドイツ人と日本人のハーフ、お父さんはイラン人、イラク人、ロシア人の血が混ざっています。

嵐さんのように多様なルーツを持つ人を「マルチレイシャル」と呼ぶそうです。

嵐莉菜の父親は貿易商

嵐莉菜さんのお父さんはイラン出身で、アラシ・カーフィザデーさんという方です。

イラン人とイラク人、ロシア人の血が混じっています。

嵐莉菜さんの芸名である「嵐」はお父さんからの名前を取ったようです。

お父さんは貿易商を営んでいますが、以前は外国人タレントとしてTBS系のテレビ番組「とっておき日本」やテレビ朝日系列の「世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ!!視察団」に出演していました。

最近では嵐さんと一緒に『マイスモールランド』に出演されています。

嵐莉菜の母親は翻訳業

嵐莉菜さんの母親は、ジャニーンさんという方です。

ドイツ人と日本人のハーフです。

現在は小説の翻訳をされているそうです。

嵐莉菜の父親は帰化して日本国籍なのになぜ?

嵐莉菜さんの母親がドイツ人と日本人のハーフであることから、嵐さんはお母さんの国籍を引き継いだことになります。

一方、気になる点として嵐さんのお父さんは日本に帰化しており、日本国籍を取得しているため、国籍法によると嵐さんは日本人として扱われるはずなのですがなぜドイツ国籍なのでしょうか?

生まれたときに、すでに父もしくは母が日本人であれば日本人になれますが、生まれた後に帰化した場合は自然とは日本人にならず、帰化をする必要があります。

引用元:帰化navi

ドイツ国籍なのは出生がカギ!

これはあくまでも推測となりますが、嵐さんのお父さんが帰化申請した時より前に嵐さんが出生していた場合が可能性として高いです。

もし嵐さんが生まれた後に、嵐さんのお父さんが日本国籍を取得した場合は自動的に子供である嵐さんに日本国籍は付与されることはないそうです。

嵐さんがどうかは分かりませんが、子供が成人してから国籍を自分で選ばせたいと考えている人も多くいるようで、帰化させない人もいるそうです。

法務局としては、安定的に日本で生活してもらうためにも、家族全員で帰化してもらいたいと思っています。

しかし、子どもが成人してから「自分で選ばせたい」との強い希望があれば、両親だけ先に帰化することは可能です。

引用元:帰化navi

またそれを裏付けるように、外国に住んでいたとしても親の片方がドイツ国籍であれば、子供の出生と同時にドイツ国籍を取得できると、ドイツ総領事館が説明しています。

ドイツへの出生の届出は義務ではなく、申請の有無は国籍に影響するものではありません。ドイツ国籍は、両親のうち少なくとも一人がドイツ人であれば出生と同時に得られるものであり、出生届の提出によって得られるものではありません。

引用元:ドイツ連邦共和国大使館総領事館

そのため、嵐さんが生まれた時点でドイツ国籍を自然と取得し、そのまま日本国籍を取得するということは特段していないということでしょう。

嵐莉菜さんがブレイクするきっかけとなったメイドインジャパンに出ていたおじいちゃんの話はこちらです。