YouTuber

へずまりゅう補欠選挙惨敗でSNS引退?公約は?以前の逮捕理由は?世間の声は?

元迷惑系YouTuberのへずまりゅうさん。

「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の公認で立候補しました。

その時の公約で「(得票数が)1万票行かなければ、SNSから引退します」と言っていましたが、その公約はどうなるのでしょうか??

詳しく経緯を見ていきたいと思います。

へずまりゅう補欠選挙惨敗でSNS引退?公約はどうなる?

元迷惑系YouTuberへずまりゅうさんは山口県で行われた参議院山口補欠選挙に立候補されていました。

へずまりゅうさんは得票6809票で確定し、落選が決まりました。

へずまりゅうさんは9月21日の会見でこう述べています。

  • 「悪名は無名に勝る」
  • 「当選するのは確定している」
  • 「(得票数が)1万票行かなければ、SNSから引退します。自分にそれだけの価値がないということですから

ということで、落選が決定したへずまりゅうさんの公約とも取れる引退宣言にSNSでは

へずまりゅうは本当に引退するの?

ということが、話題になっています。

今のところ、SNSN進退についてはへずまりゅうさんは述べていません。

へずまりゅうが以前逮捕されたのはなぜ?

そもそもへずまりゅうさんが世間で注目を浴びるようになったのは、迷惑系YouTuberとして活動し、逮捕されたことがあるからです。

その事件についてまとめます。

へずまりゅうの逮捕歴は2回

へずまりゅうさんが逮捕されたのは2回です。

スーパーの会計前の刺身の切り身をぺろりして逮捕

愛知県岡崎市のスーパーで、会計前の魚の切り身を食べるところを2020年5月にYouTubeに配信しました。

2021年7月にそれが窃盗容疑にあたるとして、愛知県警に逮捕されました。

逮捕後、コロナへの感染が確認されました。

逮捕直前に訪れていた山口県でもコロナを撒き散らし、少なくとも2人を感染させたとして山口県の村岡知事が名指しでへずまりゅうさんを批判しました。

また逮捕された警察署内でもマスクなしで行動し、警察関係者6人が移された疑いが浮上していました。

同じく警察関係者以外で1人、コロナに感染が確認されているので、合わせて9人への感染が確認されています。

洋服屋にブランド品の偽物だと難癖をつけて逮捕

へずまりゅうさんは「アメ村の黒人ぼったくり店に凸撃してみた」という題名で、店員に「偽物でしょ、日本人騙して楽しいっすか?」などと畳み掛けて罵倒しました。

また近くに警察官を見つけると、同様のクレームも繰り返し「交番の警官、役に立たないです」などと罵倒しました。

これに対し、威力業務妨害などの容疑で逮捕されました。

有罪判決を受ける

2021年8月27日、スーパーの切り身を食べた窃盗や威力業務妨害の罪で懲役1年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決が言い渡されました。

大阪の一件に関しては、悪質だが既に示談が成立しているとのことです。

へずまりゅうの補欠選挙惨敗に世間の声は?