政治

吉村洋文知事が文通費100万円の取り扱いで炎上。全額寄付の経緯は?世間の声は?

吉村大阪知事がピンチかも…しれません。

日本維新の会に所属する新人議員 池下卓議員が討論会で「10月31日に当選したのに、文通費が一ヶ月分全額出る」ということに懸念を示しました。

その後、日本維新の会は新人当選議員から文通費を全額徴収し、

党からどこか適切な場所に寄付すると表明したばかりですが、

れいわ新撰組の議員から吉村知事のことについて指摘がありました。

その内容と、世間の声を集めました。

吉村洋文知事が文通費100万円の取り扱いで炎上

問題提起となったのは、れいわ新撰組の大西あきこ議員のTwitterの告発でした。

  • 吉村知事が衆議院議員を退職したのが2015年10月1日
  • 10月分の文書費を満額「100万円」受け取った
  • 衆議院の担当部署によるとそのお金が「返金されていない」
  • 主張していることとやっていることが違くないか?

というのが大西議員の主張し、吉村知事が炎上しています。

日本維新の会は過去にも文通費で問題を起こしている

引用元:日本維新の会HP

日本維新の会は2019年7月に、使徒を公開している当時の現職の国会議員21人全員が、文通費の領収書を自分で自分にきっていることが発覚しました。

それだけにとどまらず、自分の政治団体に寄付していたことも発覚し、SNSでは「#セルフ領収書」問題として大炎上しました。

しかもその額が日本維新の会が文通費として受け取っていた7.6億円(期間:2015年10月から19年3月)のうち5.7億円にも上りました。

文通費とは….

ちなみに文通費とは正式名称を「文書通信交通滞在費」といい、どういうものかというと…

文書通信交通滞在費は、国会議員に対し、給与にあたる歳費とは別に支給されている手当のことだ。国会法38条と歳費法9条で「公の書類を発送し、公の性質を有する通信をなす等」の目的で月額100万円の支給が規定されている。

非課税で使い道の報告や残金の返還義務がないことから、「第二の歳費」と言われている。

引用元:HUFFPOST

吉村洋文知事が炎上する前までの文通費全額寄付をめぐる経緯

吉村知事が炎上するまでに、日本維新の会の文通費についての一連の経緯を説明します。

11月13日 小野泰輔議員がSNSで告発

日本維新の会の新人議員小野泰輔議員がSNSで告発していたそうです。

11月14日 橋下徹、池下卓議員が問題を提起

11月14日放送の「日曜報道 THE PRIME」のレギュラーコメンテイターである橋下徹氏は文通費について、こう述べました。

国会議員の給料とは別に、毎月100万円が領収書不要の経費として、しかも税金がかからずに年間1200万円がキャッシュで出ているんです。

僕はそれ自体もおかしいと言ってるんですが、なんと10月31日の選挙で当選した新人議員や元職議員に、夜8時の開票から(日付が変わって11月になるまで)わずか数時間の在職期間しかないにもかかわらず、10月分として1人につきキャッシュでまるまる100万円が出ている。

新人議員と元職議員が121人で、1億2100万円が支払われた

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5073a65b26e624c0026e40a303bf28abb3c6c6e6

また日本維新の会に初当選した池下卓議員がNHKの「日曜討論」でも同様に、疑問を呈しました。

11月15日 日本維新の会は新人議員の文通費を徴収を表明

日本維新の会は10月31日から衆議院選挙で当選した新人議員に対して、

10月分の文通費100万円を寄付として集め、全額党として適切な場所へ寄付することを表明しました。

日本維新の会が、10月31日の衆院選で当選した議員に対する10月分の文書通信交通滞在費(文通費)100万円を党所属議員から「特別党費」として党に対する寄付として集め、全額を寄付する方針を固めたことが15日、分かった。集めた特別党費の寄付先を検討している。複数の関係者が明らかにした。

引用元:産経新聞

吉村洋文知事の文通費に世間の声は?