政治

池田としえ(利恵)日野市市議会議員の経歴は?京王線刺殺事件がやらせ、反ワクチン派であると主張?

池田としえ日野市市議会議員が炎上しています。

京王線刺殺事件がやらせであると主張したり、新型コロナワクチンの反対運動を行っています。

一体どんな人物なのでしょうか、経歴や主義主張を調べてみました。

池田としえ(利恵)日野市市議会議員の経歴は?

池田としえ(利恵)議員の経歴は、面白いくらいわかりませんでした。

分かったのは、2006年2月19日に行われた日野市議会議員選挙から4選を果たし、現在日野市議会議員の62歳ということくらいです。

また自民党の公認を除名処分された事実があります。

ご本人のホームページはこちらです。

Twitterもやっていましたが、現在ツイートが見れない状況にあります。

名前で検索すると、北里大学にいた可能性がありますが、同姓同名の可能性もあるので、ここでは可能性に留めておきます。

生年月日や学歴などの情報はあるかと思ったのですが、それもありませんでした。

わかり次第、追記します。

池田としえ(利恵)は京王線刺殺事件がやらせと主張

朝の情報番組「スッキリ」で京王線の事件がやらせだと言い出した陰謀論が取り上げられ、池田としえ市議が説明を行いました。

小説家で医師でもある知念実希人氏がTwitterでツイートしています。

池田としえ(利恵)は反ワクチンを主張

元々、HPVワクチンに反対派の立場であったそうです。

新型コロナについては、自身のホームページで「新型コロナウイルスを考える会」の入会のページを設けたり、副反応を問合せするフォームが作られています。