タレント

玉川徹の「基礎疾患」はなに?高血圧?持病匂わせで明かさない理由を推理

新型コロナウイルスが収束する気配がありませんが、「羽鳥慎一のモーニングショー」でコメンテーターを務める玉川徹さんが自身のことについて「基礎疾患」を持っているので、新型コロナウイルスには感染できないと述べています。

玉川さんと言えば、歯に衣を着せぬ物言いでお茶の間の人気コメンテーターさんですが、とても基礎疾患があるようには思えないので驚いた方も多いのではないでしょうか?

一体どんな基礎疾患を持っていらっしゃるのでしょうか?

玉川徹の「基礎疾患」はなに?

2022年1月に「羽鳥慎一のモーニングショー」で出演されたコメンテーターの玉川徹さんが出演されました。

当時、新型コロナウイルスのオミクロン株が日本に入り、経口薬などの手続きなどが追いついていない現状の報道に対し、自身のことについて「基礎疾患があるから新型コロナウイルスにかかれない」とコメントされていました。

コメンテーターで出演の同局・玉川徹氏は「これ、全部足りないんですよ。これじゃ1週間後や10日後に感染がもっと増えていった時に僕も基礎疾患がありますけど、とてもじゃないけど怖くて感染できないなって思いますよね」と率直にコメント。

引用元:スポーツ報知

厚生労働省の発表で高齢者や基礎疾患がある方が感染すると重症化リスクが高まることがわかっていますが、一体、玉川さんはどんな「基礎疾患」を持っているのでしょうか?

引用元:厚生労働省

残念ながら玉川徹さんが何の「基礎疾患」を持っているかは公表されていません。

厚生労働省が発表した「重症化リスクとなる基礎疾患」には下記のものがあります。

  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 慢性腎臓病
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 心血管疾患
  • 肥満
  • 喫煙

新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち重症化しやすいのは、高齢者と基礎疾患のある方、一部の妊娠後期の方であり、重症化のリスクとなる基礎疾患等には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患、肥満、喫煙等がある。ワクチン接種を2回受けることで、重症化予防効果が期待できる。

引用元:新型コロナウイルス感染症対策本部

これらのどれかに当てはまるかと思いますが、一体なんの「基礎疾患」を患っているのでしょうか?

玉川徹は高血圧?持病匂わせで明かさない理由を推測

おそらく玉川徹さんが「基礎疾患がある」と発言されていますが、重症ではない一般的な疾患である可能性が高いです。

そのため持病を匂わせている発言をしますが、特定の疾患名について発言するのではなく「基礎疾患がある」と発言されたに留まった気がします。

それは玉川さんが視聴者心理を理解しているからだと考えられます。

玉川徹の持つ「基礎疾患」は通院する必要はあるが、重症ではない可能性が高い

「基礎疾患」と言われると非常に重篤な病気を抱えているようにも感じますが、おそらく玉川さんはその可能性は低いでしょう。

なぜなら玉川さんはレギュラーコメンテーターとして、月曜日から金曜日の間にテレビ番組に出演しており、入院をして治療を必要とするような病気ではないと考えられるからです。

そのため、慢性閉塞性肺疾患の一つである肺気腫や重い糖尿病である可能性は低いでしょう。

2023年に玉川徹は「羽鳥慎一のモーニングショー」を引退予定

それを裏付ける要素として、アサヒ芸能が「羽鳥慎一のモーニングショー」に視聴率低下の危険要素として、玉川徹さんの引退を挙げています。

羽鳥慎一アナウンサーが「いい人」と言うイメージで定着している一方で、玉川さんは「悪役」を徹しており、意図的に暴走していることをインタビューされています。

そのいい人と悪い人の掛け合いが面白いと言うのが、お茶の間の評価ですが、残念ながら玉川さんはあと1年で退職する予定であることを明らかにしています。

キャスターを務めるフリーアナウンサーの羽鳥慎一は「入社2年目です」と森山アナを紹介すると、何を思ったのか「玉川さんは退社、何年前ですか?」と質問しスタジオは笑いに包まれた。玉川氏は「退社1年前です。本当にあと1年ぐらいです」と回答すると、スタジオは一転、静まり返った。

引用元:アサヒ芸能

同時にアサヒ芸能は玉川さんの退職に言及しつつも、玉川さんが退職することで番組の面白味に欠け、視聴率が低下することを指摘しています。

そのため、玉川さんが定年退職後も続投するのではないかと予測しています。

前置きが長くなりましたが、重病人を退職後も雇用し続けることは普通だったら考えられません。

また「羽鳥慎一のモーニングショー」は、テレビ朝日系列で放送しており、アサヒ芸能とも親密関係にあることが言えます。

そのため他の新聞社よりも的確な情報を得ていることが予想されます。

以上のことから、玉川徹さんの持っている「基礎疾患」がなんであるかは分かりませんが、すぐに命を脅かすような重篤な病気ではなさそうだと言うことが言えそうです。

玉川徹の持病は高血圧か喫煙?

これを考えると、玉川徹さんの持病は新型コロナウイルス対策本部が発表している「重症化しやすい基礎疾患」の項目に当てはめると「糖尿病」や「高血圧」、「喫煙」が考えられます。

3つのうち可能性が高いのは「高血圧」か「喫煙」

糖尿病でも「1型糖尿病」のような先天的な疾患を持っている可能性がありますが、その場合は玉川さんが「1型糖尿病なのでコロナには罹れない」と発言すれば視聴者は納得する答えでしょう。

具体的な疾患名を明かさなかったのは、一般的な疾患であるということ。

例えば「喫煙」では日本の喫煙率は国立がん研究センターによると、男性は27.1%なので10人に3人弱の人が喫煙していることになります。

また同様に「高血圧」はWHOによると成人男性で21.4%になるので、10人に2人が該当することになります。’

玉川徹は視聴者心理を分かって「基礎疾患」としか言わない

玉川徹さんは多くの成人男性が罹っているような「高血圧」や「喫煙」であると考えられますが、それを「基礎疾患」としか発言しなかったのには、視聴者心理を熟知している玉川さんならではの発言と言えます。

玉川さんが仮に『「高血圧」や「喫煙」なので、新型コロナにかかれない』という発言と「基礎疾患があるので、新型コロナに罹れない」と発言したらどっちの方が玉川さんを視聴者を心配してくれるでしょうか?

後者の「基礎疾患」だと思います。

前者だと「俺もタバコ吸ってるけど?」に留まってしまいますし、下手したら反感を買う可能性すらあります。

後者の場合だと「玉川さんも大変だな」で皆さん心配してくれるのではないでしょうか?

悪役に徹している玉川さんですが、体には気をつけて欲しいものです。

「羽鳥慎一のモーニングショー」で水曜日レギュラーの阿部敏樹さんについてはこちら