政治

木下富美子都議の服装に非難殺到!時計はシャネル?4ヶ月ぶりの登庁

無免許運転のまま事故を起こし、そのまま体調不良で4ヶ月登庁しなかった木下富美子都議がようやく11月9日に登庁しました。

辞職するかと思いきや、まさかの都議の立場に居続けることに。

その判断もさることながら、服装についても避難が殺到しています。

今回は木下富美子都議の服装について調べてみました。

4ヶ月ぶりの登庁も木下富美子都議の服装に非難が殺到

4ヶ月ぶりに登庁した木下都議に非難が殺到しました。

木下都議は辞職するかと思いきや、辞職しないで「議員活動で取り返したい」と説明。

加えて服装についても非難が殺到しています。

確かに謝罪コメントに赤はないですよね。

プレジデントオンラインによると、お詫びする時の服装は「怒りを忘れさせる”立ち振る舞い”」が重要なようで、

まず、チャコールグレーのスーツに白いシャツを基調とする。もちろん光沢のあるスーツや柄物の派手なネクタイはNG。シャツとパンツにはしっかりとアイロンをかけ、黒い靴とともに礼儀を表す。

この日ばかりは、時計やアクセサリーにも細心の注意を配りたい。豪華な時計や、女性の揺れるほど大きなイヤリングなどは、相手の怒りの炎に油を注ぎかねない。時計もアクセサリーも、質素なものが好ましい。

引用元:プレジデントオンライン

完全に相手(都民)の怒りの炎に油を注いでしまった格好ですね。

木下富美子都議の服装に非難殺到!時計はシャネル?

調べていくと、木下都議の身につけていた時計はシャネルのようです。

シャネルの公式ホームページによると、

木下都議が身につけていた時計は「J12 33MM」というものです。

金額は616,000円(税込)だそうです。

引用元:シャネル

指輪はどこのものかはわかりませんでしたが、

宝石も大きいようですし高価なものだと考えられます。