タレント

おぼん・こぼんの不仲の原因は?解散する寸前?殴り合ったって本当?

漫才協会の重鎮「おぼん・こぼん」のお二人。

水曜日のダウンタウンで2年がかりの和解を試みるプロジェクトが放送されることになったようです。

しかし、そもそもなぜ不仲なのか?

気になる方も多いと思うので、その辺りをまとめました。

おぼん・こぼんの不仲の原因は?

2020年9月8日に放送されたフジテレビ系「石橋、薪を焚べる」にナイツの塙宣之が出演し、おぼん・こぼんの不仲について語りました。

浅草漫才協会は、約150名の会員がいるそうですが、2年に一度の頻度で理事を決める投票が行われます。

いつもは下記のような順位だったそうですが、

  • 1位:青空球児
  • 2位:おぼん
  • 3位:こぼん
  • 4位:ナイツ塙

2014年に行われた選挙で順位が変わってしまったそうです。

  • 1位:青空球児
  • 2位:ナイツ塙
  • 3位:こぼん
  • 4位:おぼん

後身の育成に力を入れてきたおぼんさんはこの順位に腹を立てて漫才協会をやめてしまったそうです。

おぼん・こぼんは元は仲が良かった

1965年に大阪の福島商業高校で同級生だった2人は在学中に「おぼん・こぼん」を結成しました。

コンビを組むくらいですので、仲が悪いわけではなく、舞台で着る衣装も一緒だった時もあったようです。

ところが2011年頃から2人はプライベートで一切、話をしなくなったり楽屋も別々ということもあって不仲となっていったようです。

解散ドッキリが本当に解散する寸前に?

2019年2月27日にはバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」で「おぼん:こぼん解散ドッキリ」が放送されたのですが、二人の仲は最悪でした。

8年ぶりに会話をしましたが、ドッキリのはずが本当に解散の危機になってしまう展開に…

こぼん「スッキリしましょ?辞めるなら辞める」
おぼん「やってたってしょうがないやん」
こぼん「そんなんならもう辞めてまいましょう」

その後、「ドッキリ大成功」のプラカードを持ったナイツの2人がなだめましたが、こぼんさんの怒りが収まらない様子が放送されてしまいました。

2019年7月3日にも「おぼん・こぼんでも催眠術で仲直りできる説」という回が放送されましたが、不仲は解消されませんでした。

おぼん・こぼんが舞台で殴り合ったって本当?

2019年8月27日に爆笑問題の2人がラジオ番組「爆笑問題のカーボーイ」で、おぼん・こぼんが殴りあいの喧嘩をしていたことを明らかにしました。

爆笑問題曰く、東洋館で急におぼん・こぼんの2人が登場し、おぼんさんが「今日はワシ、喋らんから」と言い出したそうです。

そして、こぼんさんがおぼんさんのことを「バコーン」と殴ったそうです。

すると「何すんねん」とおぼんさんがこぼんさんを殴り返すという….

そして音楽が流れ始めると、タップを一緒に踊ったそうです。

まとめ

おぼん・こぼんさんのお二人の不仲は筋金入りのようですね。

水曜日のダウンタウンで仲直りできるといいですね。