トレンド

卓球選手・水谷隼のメガネはどこで買える?どこのブランドなの?なんで試合中にかけているの?

東京オリンピックの卓球代表選手である水谷隼選手。

水谷選手が試合中にかけているメガネが気になっている方も多いはず。

試合中に激しい動きをする卓球なのに、なぜコンタクトレンズではなくメガネなの?という疑問も。。。

そこで水谷選手のメガネについてまとめてみました。

水谷選手のメガネのブランドは?

水谷選手のかけているブランドは、「SWANS」イーノックスニューロンというモデルが近いのではないかと言われています。

  • 販売元:山本光学株式会社
  • 展開ブランド「SWANS」日本人の骨格に合わせて緻密に設計された商品で、ゴーグルやスノーゴーグルなどを展開

既製品のモデルで近しいものがあるものの、水谷選手が着用されているメガネは少し青みがかっているような気がします。

ネットでの情報によると、既製品に水谷選手用に改良を加えてもらったものではないかと噂されています。

既製品がこちら。

SWANS(スワンズ) スポーツ サングラス イーノックス ニューロン20 E-NOX NEURON20 (マラソン ランニング 陸上競技用) 日本製 ENN20

どんな点が違うの?

オリンピック本番は夜間に行われるため、夜間照明内で試合を行うことになります。

照明によっては、ボールが見えにくくなる可能性があるため、夜間照明に対応したメガネではないかと言われています。

水谷選手はなぜメガネをしているの?

レーシック手術を受けていた!

水谷選手は2013年と2018年に二回、レーシックの手術を受けているそうです。

元々、視力がよく両目共に1.5あったそうですが、突如として0.3になってしまい、レーシック手術を受けたとされています。

しかし、視力は回復したものの後遺症に悩まされていたそうです。

水谷選手を悩ませた後遺症とは?

「ハログレア現象」と呼ばれるレーシック手術の後遺症に悩まされていたとされています。

ハログレア現象とは、光が滲んで見えたり、眩しく感じたりする現象のようで、水谷選手は「眩しい」「球が見えない」と感じるようになり、裸眼でのプレーが難しくなりました。