政治

松野博一の経歴は?秘書が過去に無銭飲食をしていた事実も。

岸田新総裁の元で松野博一さんが新しい官房長官に任命されることになりました。

聞き慣れない人選に対して「誰?」という方も多いはず。

そこで経歴などを調べたところ、過去に秘書が無銭飲食事実があることが分かりました。

今回は秘書の無銭飲食について、まとめました。

松野博一の経歴

松野博一さんの経歴はこちらになります。

  • 名前       :松野博一(まつの ひろかず)
  • 生年月日     :1962年9月13日
  • 出身       :千葉県木更津市
  • 学歴       :早稲田大学法学部卒
  • 衆議院議員在任期間:2000年6月26日より
  • 公式ホームページ :松野ひろかず

大学卒業後はライオン株式会社に務めていらっしゃったそうですが、2年ほど務めた後に退職、松下政経塾へ入塾されます。

松下政経塾は高市早苗さんも同じ塾の出身ですね。

2000年に初当選を果たし、直近では文部科学大臣をされています。

岸田新総裁も早稲田大学出身ですので、学閥を意識した組織づくりが噂されています。

また松野博一さんは、ホームページ上にエッセイを投稿されています。

投稿数は少ないですが、穏やかそうな人柄が窺えます。

昨年は自著対談集『導き星との対話』という本を出版されていますので、興味がある方は読んでみるといいかもしれません。

松野博一の秘書が無銭飲食をしていた過去

2017年に松野博一さんの秘書が無銭飲食をしていたという報道がありました。

秘書が食い逃げ?

2016年12月21日、松野博一さんの秘書が他の議員秘書(白石徹衆院議員、菅家一郎衆議院議員)の計4人と新橋のスナックで酒を飲んでいた時のことです。

閉店時間になり、スナックのママがお会計を促すと、下記の通り食い逃げをしてしまったそうです。

「4人はスクッと立ち上がると、コートを手に持ったまま急いでカバンを取り、無言のまま脱兎のごとく逃げていきましたよ」

引用元:アサヒ芸能

スナックのママは慌てて追いかけたそうですが、店の外に出た時には既に秘書たちの姿が見えなかったそうです。

お会計は全部で2万7500円で、飲み代は常連客が立て替え、常連客から秘書たちに請求することにしたそうですが…

常連客が「怖かった」と証言

常連客宛に松野博一さんの別の秘書から後日連絡があり「会って弁償したい」とのこと。

秘書が指定した永田町のビルへ向かった常連客はそこであった体験談について「怖かった」と述べています。

「こちらが借金したわけでもない。向こうが返しに来るのが筋なのに、知らない場所に呼びつけられた。部屋に入ると弁護士3人の他に(秘書ら)全部で7、8人いて、書記役がやり取りを記録。弁護士が『あなたはどうしてほしいんですか』と尋問のように聞いてきた。『何で知らない人(T氏やS氏のことを指す)の分を僕が払わなきゃいけないのか。立て替えた分を返してほしいだけです』と言うと、封筒に入った2万7500円を渡された」

引用元:アサヒ芸能

その後、アサヒ芸能がこの件について事実確認をしたところ、

「奢ってもらえるつもりだった」という認識でいたそうです。