政治

立憲民主党の江田憲司がNISAと積立NISA発言で炎上。気になる発言内容や選挙区や出身などまとめ

立憲民主党の江田憲司氏が2021年10月28日のBSフジLIVE プライムニュースに出演しました。

そこで発言した内容が炎上しています。

この記事で分かることは、

  • 江田憲司氏の発言内容
  • 江田憲司氏の選挙区などプロフィール

をまとめています。

立憲民主党の江田憲司がNISAと積立NISA発言で炎上。気になる発言は?

下記は2021年10月28日に行われた立憲民主党の江田憲司氏が

BSフジLIVE プライムニュースに出演された時の映像です。

ちなみに江田憲司氏は立憲民主党の代表代行かつ経済政策担当を担っています

江田憲司代表代行の主張はこうです。

NISA及び積立NISAに30%の課税を行う

これは長らく日本政府が推し進めてきた「貯蓄から投資(資産形成)へ」のスローガンを妨げる施策であると考えられます。

NISA及び積立NISAとは

NISA及び積立NISAとは、SBI証券のホームページより引用します。

NISAとは2014年から始まった「小額投資非課税制度」で、最長5年間、年間120万円の投資枠から得られた利益に対して税金が非課税になる制度です。

上場株式や投資信託などの配当金や売却益の場合には通常20.315%の税金がかかりますが、NISA口座で運用した場合は税金がかかりません。

引用元:SBI証券

また積立NISAには以下のメリットがあります。(引用元:SBI証券

  • 非課税となる期間が最長20年間
  • 非課税投資枠(年間投資上限)は40万円/年
  • 買付は定期的に継続したもの(積立)であること
  • 対象商品は一定の条件を満たす投資信託など

立憲民主党の江田憲司の選挙区や出身などまとめ

  • 名前  :江田憲司
  • 生年月日:1956年4月28日
  • 出身校 :東京大学法学部第1類
  • 前職  :国家公務員、桐蔭横浜大学客員教授
  • 選挙区 :神奈川8区
  • 当選回数:6回

経済・財政に関することについては下記のように述べています。

コロナ後の景気を本格的に回復させるため、アベノミクスで格差や貧困が拡がった現実を踏まえ、「分配なくして成長なし!」、5%への消費減税や低所得者への給付金、介護や年金、子育て等への予算の重点配分等により、国民の懐(家計)を温め、GDPの半分以上を占める「消費」を伸ばし経済を成長させ「1億総中流社会の復活」を目指します。一部の大富豪や超大企業が幸せを謳歌する世の中から、みんなが幸せになる世の中に!

引用元:ヤフーニュース

立憲民主党江田憲司の発言に対し、塩村あやか議員の声

立憲民主党江田憲司の発言に対して世間の声は?