政治

立憲民主党の生方幸夫(うぶかたゆきお)議員って誰?拉致問題で発言も炎上。世間の声は?

立憲民主党の生方幸夫(うぶかたゆきお)議員

北朝鮮による日本人拉致問題についての発言が物議を醸しています。

生方幸夫議員の発言と拉致問題について発言した内容をまとめました。

立憲民主党の生方幸夫(うぶかたゆきお)議員って誰?

  • 名前  :生方幸夫(うぶかたゆきお)
  • 生年月日:1947年10月31日
  • 学歴  :早稲田大学第一文学ぶ
  • 前職  :ジャーナリスト、経済評論家
  • 所属政党:立憲民主党

生方幸夫さんは読売新聞社に入社し、退社後はフリーのジャーナリストとして活躍され、経済評論家に転身しました。

NHKや文化放送でキャスターを務める傍ら、信州大学経済学部や産業能率短期大学で教鞭を執っていました。

オフィシャルサイトはこちらですが、Twitterの他にYouTubeでの配信も行っており、時流を掴んでらっしゃる方ですね。

生方幸夫議員の拉致問題の発言が炎上

2021年9月23日に生方幸夫議員は千葉県松戸市で行われた会合で、北朝鮮による拉致問被害者について以下のように発言しました。

  • 日本から連れ去られた被害者というのはもう生きている人はいない。政治家は皆そう思っているということ
  • 客観的情勢から考えて生きていたら(北朝鮮は横田さんを)帰す。帰さない理由はない
  • 横田さんが生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も

この問題が炎上したことから生方幸夫議員は、Twitter上で謝罪しました。

生方幸夫議員の拉致問題の発言に、世間の声は?