トレンド

【メットガラ2022】歴代日本人参加者は5人!参加できる条件はやっぱりセレブ?

メットガラ2022年が開催されました。

このメットガラはファッション界のアカデミー賞とも言われているだけあって、ゴージャスなドレスや奇抜なファッションなどが毎年見ることができて、出演者のセンスが問われる祭典ですよね。

そんな中、これまでメットガラに出演した日本人は5人います。

共通点はやっぱり”セレブ”なのかな?と思いますが、どうなんでしょうか?

出演者と共にその時の服装をまとめました。

【メットガラ2022】歴代日本人参加者は5人!

メットガラに今まで出演したことのなる日本人は5人です。

  • 紗栄子(2017年)
  • 森星(2018年・2019年)
  • 小西直己(2019年)
  • 大阪なおみ(2021年)
  • 大阪まり(2021年)

出演者の顔ぶれをみると、モデルや歌手、スポーツ選手など多岐にわたっています。

チケットは1枚約400万円!?

メットガラのチケット価格は1枚30,000ドルで日本円(1ドル130円換算)で、約400万円と高額です。

テーブルを押さえるには約275,000ドルかかり、約3600万円かかります。

ゲストとして招待されていれば参加費用は払う必要がありませんが、日本人の顔ぶれを見る限り、お金で購入している感じも否めません。

実際はどうかは不明ですが、その点を含めてそれぞれの出演者をまとめていきたいと思います。

メットガラに参加できる条件はやっぱりセレブ?

メットガラに参加したことのなる日本人を5人ずつ、追ってみましょう。

2017年に出演した紗栄子は当時前澤友作と付き合っていた

メットガラ2017に出演したのは、モデルの紗栄子さんでした。

メットガラ2017の終了後に「川久保玲/コム デ ギャルソン 間の技」という展示の関係もあったかもしれませんが、紗栄子さんはコム デ ギャルソンの真っ赤なドレスを着用していました。

紗栄子さんがなぜメットガラに出演されたのかは不明ですが、出演者はゴシップガールで有名になったブレイク・ライブリーさんやジジ・ハディッドさんなど全米で著名な方なので、正直紗栄子さんが全米で同程度の知名度があるかは謎です。

しかし当時ZOZOタウンの創業者である前澤友作さんと付き合っていたので、前澤友作さんがチケットを購入してくれたのでは?とちょっと憶測してしまいますよね。

紗栄子さんと前澤さんは2017年の夏頃に破局したとされていますが、当時は付き合っていた証なのか、右の薬指に大きなダイヤの指輪がキラリと輝いています。

2018年に出演した森星は森英恵の孫

森星さんは2018年と2019年の2年連続でメットガラに出演されています。

森星さんは国内外を中心にトップモデルとして活躍されているので、出席も納得できます。

一方で、世界的なデザイナーである森英恵さんの孫娘なので、デザイナーの繋がりで出演にこぎつけた部分もないとは言い切れませんし、森ファミリーは言わずと知れたセレブ一家ですよね。

実際に2019年にメットガラに出演される前のカクテルタイムをデザイナーのトリー・バーチさんの自宅で過ごされているのだから、すごいの一言です!

2019年に出演した小西直巳は同年Netflixの映画に出演

小林直己さんはEXILEや三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして活躍されていますが、海外志向が強く、2019年にはNteflixの映画「Earthquake Bird」に全編英語で出演されています。

主役で出演されたわけではないですし、大ヒットを記録したわけでもないので、なぜ出演できたのかは謎ですが、おそらく事務所であるLDH JAPANが海外の進出の足がかりとして小西さんを推していたのではないかと考えられます。

そのため、映画の出演に併せて事務所側がコネクション作りも兼ねて出演させたのではないでしょうか。

2021年に出演した大坂なおみ、まり姉妹はテニス以外の足がかり?

大坂なおみさんは姉のまりさんと共に2021年に出演されました。

2021年に出演された時は、大坂なおみさんは共同ホストを務めました。

しかし、大坂なおみさんはテニスプレイヤーであり、モデルや女優としての経験はありません。

1年前の2020年の共同ホストはメリル・ストリープさんやエマ・ストーンさん、他にもデザイナーが務めており、畑違いの分野からは出演していません。

大坂さん自身は2021年の全豪オープンを機に無期限休養しており、おそらく将来テニス選手を続けるかどうかを悩んでいたと言っても過言ではありません。

そして出演に際したインタビューでも「デザインすることにも興味がある」と答えているので、大坂さん自身も新たな道を模索しているような感じも受けます。

インタビューに応じた大坂は、「私も姉のまりもファッションが大好きで、デザインすることにもとても興味があり、今回のコラボレーションが決まりました」「私のルーツである日本とハイチのエッセンスをミックスしたドレスを作ることにこだわりました」とコラボに至った経緯やインスピレーションについて語った。

引用元:VOGUE

そんな大坂さんの今まで稼いできた金額は約18億円。そして、賞金以外にもスポンサー契約料やCMの出演料などがあるので、出演料なんて安いものかもしれません。